ワンランク上のペット葬

すてきな想い出をいつまでも。永遠の安らぎを祈りながら大切なペットのご葬儀・火葬を心を込めて執り行います。

ペット専用セレモニーホールを完備

式場使用料(葬儀、法要)

専用のセレモニーホールでの葬儀はもちろん、ご自宅での葬儀も、心を尽くしてお手伝いさせていただきます。
納骨供養(四十九日供養)はもちろん、一回忌や三回忌供養などの法要も承ります。
お気軽にご相談ください。

ご利用料金のご案内

利用料金表
式場使用料(葬儀、法要) 16,200円
ご住職をお呼びし読経を上げていただく場合】
菩提寺様へのお布施(金額は直接お寺様へご相談ください)
10,000円~

法要ガイド

葬儀の後に行う法要の一般的な流れをご紹介します。

法要の流れ
ご逝去後49日目(四十九日供養)
葬儀の後の最初の大きな法事が、「四十九日」の法要です。
特に「四十九日」が重要視されるのは、仏教では、死者はこの日、閻魔大王に最後の審判を受け、極楽往生できるか地獄へ落ちるかが決まるという考えるからです。
死後49日間は、霊は家をただよっており、四十九日目に行き先が決まり、家を離れるとされているのです。
ご逝去後100日目(百か日供養)
亡くなったペットが新仏になって初めての法要です。
ご遺族が悲しみの気持ちに整理をつける日でもあります。
ご逝去後満1年(一回忌供養)
百か日の法要の後、最初の命日に一回忌の法要を営みます。
それ以降は、年単位で法要を行う年が決まっており、その年の祥月命日に行います。
ただし、一回忌のみ満一年後で、三回忌以後は、死亡した年を含めた数え方(数え年)になります。
ご逝去後満3年(三回忌供養)
-
ご逝去後満7年(七回忌供養)
-

館内のご案内へ戻る。