ワンランク上のペット葬

すてきな想い出をいつまでも。永遠の安らぎを祈りながら大切なペットのご葬儀・火葬を心を込めて執り行います。

思い出文集

キャバリアと暮らした日々

西川多美様

今から4年前まで我家で暮らした愛犬キャバリアとの生活を記させてもらいます。

突然相談もなく動物嫌いの娘が犬を飼うことにしたと言われ私達夫婦は驚きました。

動物を飼うということは、一生面倒をみてやらないといけない大変な事。
でも、もう予約してるのでいいでしょうと不安がありましたが我家に丸々した男の子犬が来ました。

まだワクチンが残っていて散歩もできない頃で私達も定年前でしたので2ヶ月間は一人で留守番をさせるようになり、おしっこ、うんちも何のしつけもしていない状態でそれはそれは大変でした。
そのうち私達も仕事を離れて犬との生活が始まり、家族の一員となりました。

犬は言葉が話せなくても飼主の言葉は理解できるようで嬉しい時は尾をいっぱい振り、愛情表現をしてくれ人間と喜びも悲しみも共有できる事を知り娘も嫌いだった犬の可愛さが分かり良かったです。

しかし年を重ねるにつれ、腎臓を悪くし、十年足らずの命であっという間に天国へ逝ってしまい、悲しくて悲しくてなりませんでした。

最後はペットピアさんで、お世話になり、娘と2人で骨を拾い、ペットピアの方が、これが身体のどの部分でと説明してくださいました。

また、供養祭にも出席させていただき、ペットも人間と同じように大切に扱っていただき感激いたしました。

3年間は遺骨を居間に置いて水と好きだったフード等々お供えして家族のそばにいましたが、今は我家の庭で安らかに眠っています。

目次へ戻る。