ワンランク上のペット葬

すてきな想い出をいつまでも。永遠の安らぎを祈りながら大切なペットのご葬儀・火葬を心を込めて執り行います。

思い出文集

ラッキー!心にいつまでも

山口光雄様

昨年八月七日午前七時頃とても暑い朝でした。
私は仕事が休みでした。ラッキーの大好きな散歩に行こうと思い、「ラッキーお散歩に行くよー」と声を掛けた。

いつももすっ飛んで来るのに、のそのそと玄関まで来ても私の傍まで来ませんでした。
仕方がないので、抱っこして何時もの散歩道まで行きました。

下に降ろしたら一歩も歩きません、しんどいのかと思い、また抱っこして家への帰り道、草むらに降ろしてみました。
すると、ボテッとこけてしまいました。

具合が悪いのかと思い、かかりつけの病院に連れて行こうと、また抱っこして家に帰ろうとしている時、玄関前でラッキーの首がダラッと私の腕に巻きつきました。

すぐ、ラッキーのベッドに寝かせました。私の顔をじっと見つめて、虫の息でした。

私は妻が病院に電話している間ラッキーの顔を撫でていました。
私を見つめたまま息を引き取りました。

私はラッキーが大好きです。天国でまた逢います。

目次へ戻る。