ワンランク上のペット葬

すてきな想い出をいつまでも。永遠の安らぎを祈りながら大切なペットのご葬儀・火葬を心を込めて執り行います。

思い出文集

お空になった空ちゃん

光岡由美様

調子が悪くなって病院に行き始めて一週間最後手術したけど、天国に逝ってしまった空。
あと一ヶ月で6歳のお誕生日だったのにね。

胆のう炎、直前まで症状がなくてチワワのような小型犬の手術は難しく、生存率の低い病気。

6日間も毎日ずっと痛くて辛かったのにその小さな小さな体で何とか手術に耐えたね。

麻酔から中々醒めなくて、あたしが呼ぶと少しだけ目を開けてくれたね。
絶対に諦めず懸命に生き様としていた空。本当にえらかったね。

翌朝容態が急変して病院に着いた時にはもう空の心臓は止まっていて、まだ温かかった。
体にいっぱい付いていた器具が全部外され小さな箱に入れられてお家に帰ったね。

胆のうはもう破裂していて酷い状態。そんなしんどくて痛かったのに本当に頑張ったんだね空。
多分あたし一人を残して死ねないって思ってすごく頑張ったんだね。

いっぱいいっぱい、ありがとうね。ごめんね。
色んな人に沢山愛されていた空ちゃん。
もう痛い思いも辛い思いもしなくて大丈夫だから。

天国でゆっくり眠ってね。
空はあたしの中でずっと生きてるから。

目次へ戻る。